新型コロナショックを乗り越えるために!

特集

中国発の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は爆発的な勢いで世界中に拡散・蔓延し、日本国内でも多くの感染者・死亡者を出しています。
政府は様々な対策を打ち出していますが、感染拡大を防ぐためには何より人と人との接触機会を減らすことが大事ということで、全国に非常事態宣言が出され、外出と店舗営業の自粛が連日呼びかけられています。

しかし、感染拡大防止のためとはいえ、出かけるな、仕事するなでは、当然、収入は減少ていくばかり。
生活に窮する人が増大することも危惧されます。

お金に困った時は

仕事をしない、減ってしまった。
毎月の固定費はかかるし、生活していかなければならない。
現金給付として10万円はもらえるらしいけれど、いつになる?
どうしよう?お金……ということで、中小消費者金融のキャッシングを利用することを検討されている方も多いことでしょう。

10万円給付までのつなぎとしても

キャッシングしたいのは山々だけど、審査が不安な方もいることでしょう。
以前に大手消費者金融のカードローンに申し込みしたけれど審査落ちだった、という人もいることでしょう。
あるいは、消費者金融と聞くだけで「なんとなく怖い……」と思っている方も多いかもしれません。

 

しかし、こんなときだからこそ、敢えて中小消費者金融のキャッシングという言い方もできます。
地域によっては、10万円の現金給付が手元に届くまでにかなりの時間を要するところもあるようです。

それまでのつなぎとして利用する、というのも一つの方法かもしれません。

いざという時の頼りになる中小消費者金融

消費者金融には、大手消費者金融ばかりではなく、中小消費者金融や街金といった金融業者も存在しています。
ここでは大手消費者金融よりも審査基準が甘いとして、金融事故がある方も借りれるとの情報が多いです。
そして、今はコロナが原因で、大手消費者金融では審査が厳しいけれど、金融相談ができるとして口コミも多いです。
現にコロナがきっかけで初めて中小消費者金融に申し込みした。
意外にすんなりと借りれたという声もあります。

10万円の給付金で返す

中小消費者金融としても、10万円の収入があることがわかっています。
過去に金融事故があったとしても、返済目処が付く方に関しては、この時期ならば意外にすんなりとキャッシングができる可能性もあります。

ほんとうに困っているのなら、今までの既成概念を捨てて、中小消費者金融に行くのも一つの方法かもしれません。