タカアンドトシがCM出演する北海道銀行のカードローン「ラピッド」

CM

人気お笑いコンビのタカアンドトシが地元の北海道でCMに出演しているのが北海道銀行のカードローン「ラピッド」です。
全国放送のバラエティ番組でもレギュラーを多数抱え、ゴールデンタイムには毎日どこかの番組で見かけるふたり。
道内では他にも北海道限定の焼きそば弁当や北海道じゃらんのCMにも出演していますが、印象的なジングルの効果もあり、道内でタカアンドトシのテレビCMというと、まず思い出されるのが北海道銀行のカードローン「ラピッド」です。

「欧米か?」のノリで安定の笑いをとるCM

毎年、いくつかのシチュエーションでカードローンの使いやすさや信頼性をアピールしているタカアンドトシですが、緑色の忍者スタイルでカードローン「ラピッド」の手軽さを売り込むのが定番です。

▽2017年のCMでは、「完結か?」とのつっこみでスマホからの使いやすさをアピールしています。


申込がWEBでスマホでできることを強調しつつ、口調はタカアンドトシおなじみの「欧米か?」のノリです。

 

2018年のシリーズは、お笑いなしでコンビニATMから手数料ゼロ円で返済ができることをきちんと伝える内容です。
▽マジメ忍者 コンビニATM篇


オチは「真面目か?」のつっこみ。もちろん「欧米か?」のノリです。

 

同じまじめ忍者編では、月々2,000円からの返済ができることも伝えています。
▽マジメ忍者 2,000円篇

 

コールセンター編では、365日24時間対応の内容ですが、真面目な2種類あります。

▽コールセンター 24時間365日 タカさん篇

 

▽コールセンター スマホ完結 ト シさん篇


トシさん編では、最後にタカさんがコールセンター嬢の対応で「お前か?」のトシの一言でオチが付きます。
2018年の北海道銀行でのタカアンドトシのCMは、大笑いではなく穏やかな笑いの内容になっています。

二人は中学校時代の同級生

中学校の同級生として札幌で育ったタカアンドトシのふたり。
高校は別々でしたが、高校卒業後にコンビを結成。札幌吉本でデビューし、2002年に上京しています。
地道な活動を続ける中で実力を磨き、お笑いの登竜門的な番組にも多数出演。
2005年から「欧米か?」のつっこみと共に知名度を上げ、そこからは安定した人気を維持しています。

北海道出身のタレント・芸人は数多くいますが、札幌でコンビを結成してそのまま全国区の人気コンビへと成長したのは、90年代にブレークした女性芸人コンビのモリマンと、このタカアンドトシの二組ぐらいでしょうか。
売れっ子となった後も安定した人気を保ち、なおかつ道内限定のレギュラー番組にも出演を続けているところにふたりの実力の確かさがうかがえます。

ちなみにトシさんの父親は松山千春のマネージャーをしていた時があり、兄は現在、AKB48のプロモーションを担当しています。
2016年にはタカアンドトシのふたりは北海道大使に就任。地元に愛される有名タレントとして、北海道経済を支える道銀(北海道銀行)の顔にふさわしい活躍を続けています。

ご利用もダイエットも計画的に!

坊主頭に痩せ型のトシさんとは対照的に、売れるにつれてぽっちゃり丸くなっていったタカさんですが、最近はかなりスッキリしてきた印象です。
一部では「病気なの?」と心配する声も聞かれましたが、逆に健康維持のためにダイエットして減量に成功したのだとか。

ダイエットのきっかけは、2017年3月に第一子が誕生したこと。
「こいつが大人になるまでは生きたい」との思いから増えすぎていた体重を減らす決心をしたのだといいます。
気になるダイエット法ですが、糖質制限と毎日体重計に乗ること。

「ご利用は計画的に」というのはカードローンCMの決まり文句ですが、タカさんは自ら「計画的に」体重コントロールに成功したというわけですね。