風俗嬢のカードローン事情 出勤と勤続年数編

レディースローン

キャバ嬢などの風俗嬢でもカードローンを作ることができます。
審査に通るためには、どのくらい勤めている?
勤続年数にポイントがあります。

勤続年数と出勤日数

カードローンの審査では、勤続年数を重視します。
風俗嬢だとしても、1年程度勤めていることが必要です。
体験入店で1ヶ月程度では、審査は通らないのですが、まずは長く勤めている方が有利です。

風俗嬢というだけで、収入はある程度あることはわかっています。
勤続年数も大切ですが、週に何回出勤している?と聞かれます。
ここで、週1〜2日では、収入として不安があります。
それでもOLさんの月収程度はあるのですが、審査に通るにはできれば風俗嬢でも週3日程度の出勤は欲しいところです。

高級風俗店だとしても

高級風俗店に勤めていれば、週1の出勤でもそれなりの高収入にはなります。
しかし、カードローンの審査では、収入の高さだけが問題ではなく、継続性なども考慮します。
信用情報で過去の返済履歴などもありますが、週3日出勤で多少少ない収入の風俗嬢の方が審査は通りやすいです。
理想としては、高級店でないにしても、週3日出勤で1年以上の風俗嬢の方が審査は通りやすいでしょう。
実際は、勤務内容と収入、信用情報などを勘案しますので、絶対に借りられないこともないでしょう。

在籍確認は、本人不在でも良し

毎日出勤していないことで、在籍確認をしても出勤日に当たらないことも多いです。
源氏名の在籍確認もできますが、このときに店の方が、

今日はお休みです。

とか

出勤日じゃないんだよね。

とか

今、お客サンのところにいます。急用ですか?

といった程度のやり取りで十分です。

審査としては、そのお店で働いていることを知るだけです。
余計な質問もなく、簡単に完了します。
毎日働くことが少ない風俗嬢ですが、審査でその事情は十分に汲んで審査をしてくれます。