中小消費者金融ってなあに?

キャッシング

中小消費者金融とは、全国的な知名度のない小規模な金融業者を指します。
規模もサービス内容はいろいろで、セブン銀行のATMで返済や引き出しができるシステムを備えているしっかりとした企業から、本当の零細経営のところまで様々です。
TVのCMでお馴染みの大手数社以外は、ひとくくりに中小消費者金融と呼ばれていると理解して間違いではありませんね。

中小消費者金融の特徴

中小消費者金融の特徴は、大手消費者金融よりは少し金利が高く、借り入れ限度額が低いです。
顧客対象が

20歳以上で安定した収入がある方!

というのは大手も中小も同じです。
あとは

この金融業者の名前は知らないけれど、大丈夫かな?

と思う程度でしょう。

中小消費者金融のメリット

普段は気にもしない中小消費者金融ですが、メリットは大手消費者金融や銀行カードローンで審査に落ちた方でも借りられる場合があることです。
審査基準が甘いことで、収入が安定している方には良心的に融資を勧めてくれます。
様々な理由で大手では借りられないとしても中小消費者金融では、すぐに貸してくる場合も少なくないです。

反対に、

うちでも難しいですね

と判断される場合ももちろんあります。

中小消費者金融のデメリット

中小消費者金融のデメリットは、ローンカードのある金融業者が少ない、契約書類が多い、金利が高めなどです。

大手との一番の違いといえば、審査の中で直接担当者の質問に回答しなければならないことです。
大手消費者金融でも、多少聞きたいことがあると聞かれることはありますが、あくまでも確認程度の聞き方です。
しかし、中小消費者金融ではこの質問そのものが審査の1つになっています。
言い方は悪いけれど、質問の受け答えから利用者を値踏みしているといった印象を受ける人もいるようです。

時間もかかりますし、中には怖い担当者も存在しているとのことですが、中小消費者金融で借り入れをするためには通らなくてはならない関門です。