あなたの情報は見られてる!?自分の個人信用情報を見てみよう

キャッシング

個人信用情報機関とは、キャッシングやクレジットカード、カーローンなどの金融機関や金融業者にお金を借りたい時に確認される記録です。
国内には3つありますが、情報を共有しています。

自分の個人信用情報を見ることができます

金融業者や金融機関が確認をしている個人信用情報は本人であれば閲覧することができます。
インターネットで確認することができます。
CIC(クレジットインフォメーションセンター)の保有情報だけですが、クレジットやローンの契約や内容を見ることができます。
契約した日、返済日などが記録されています。
大手消費者金融が何を見て審査をしているのか、その一端を垣間見ることが出来ます。

申込の手順

CICの閲覧をするのは難しいことではありません。
CICのホームページで確認事項に目を通して入力を済ませたら、クレジット契約に登録している電話番号から直接電話をします。
これは本人であることの証明です。
受付番号を言われますから、CICの閲覧ページに受付番号を入力する、それだけです。
PDFファイルでダウンロードすることもできるし、それを印刷して見ることも出来ます。
いま現在の自分の個人信用情報がどんな状況なのか、つぶさに確認できます。
料金は1,000円で、クレジットカード払いになります。

こんなものを見ていたのか?

良く審査で信用情報の確認とありますが、信用情報ってどんなもの?と興味がある方は1,000円払えば、自宅のパソコンで確認ができます。
何がどうなってどうヤバイ?という内容については、個人信用情報の見方説明の情報サイトがありますから参考にしてください。

「途上与信」と言って金融業者などが契約の途中で自分の情報を確認していることも記録にあります。

見られてた?

監視されてるじゃん!

という気持ちになる人も中にはいるかもしれませんね。

意外なところからあなたは見られているのです。