キャッシング審査と収入の関係

キャッシング

キャッシングの審査基準では、20歳以上で収入がある方が対象になっています。
中には年齢対象が25歳以上だったり、200万円以上の年収と具体的な数字が明記されていることがあります。
大手消費者金融や銀行カードローンなど、インターネットで宣伝をしていたり、ネームバリューのあるキャッシングでは、だいたい20歳以上で収入があればOKです。

収入はいくらくらいあれば良い?

高ければ高いほど良いのはもちろんですが、

高い年収で余裕があれば借りないって・・・

目安としては、年収200万円あれば収入で審査落ちすることはありません。
アルバイトやパートでも借りられる場合は、100万円程度の年収でも、多重債務者でなければ審査には問題ありません。

多重債務とはあちこちから借り入れをしている方ですが、既に借り入れがある場合、新規の申込みではどうしても不利になります。
ただ1000万円の年収の方が、20万円ほどの借入で多重債務者になっているというケースなら問題はないでしょう。
これが100万円の年収の方なら、審査は厳しくなって借入れできないことがあります。

収入も大切だけど

当たり前のことですが、毎月の収入があることです。
私の給料は年に4回とか、隔月の給料の収入では、審査は通らないことがあります。
額は少し低くても、毎月給料が継続している方が良いです。
収入が多くても隔月だったり、年に4回だったりすると、返済リスクが高いとみなされることになります。

少ない年収の場合、借りられる限度額も低くなりますが、当然、返済額も少なくなるわけです。
毎月給料があれば、そこから返済可能な範囲で借入ができるというわけです。

年俸制の場合は?

うちの会社は年棒制だけど、どうなの?

そんな収入の場合は、申込の時には年収で入力しますからバレることはないでしょう。
しかし、何かの拍子で年棒制や隔月給料とわかると審査結果が変わることがあります。
高い収入ですと、あまり関係ないと言われていますが。
一応、ご注意を。