臨時返済と繰り上げ返済で賢く完済

キャッシング

どんなカードローンでもキャッシングでも金利はあります。
無利息期間以外の返済では、元金とともに利息も返済しています。
10万円借りて18%の返済の場合を考えてみましょう。

いわゆるリボ払い

毎月1万円ずつ返済するプランで契約したとしましょう。
最初の返済日に1万円を返済します。
この1万円の内訳は、元金数千円と金利分、合わせて1万円ということです。
元金1万円をまるまる返済しているわけではありません。

元金1万円と金利を返済するのならば、1万1,800円の返済になります。
10万円を借りたので元金の1万円と1,800円の利息です。
残りの元金は9万円で、そこに金利がかかる計算になります。

しかし、リボ払いでは元金返済分は1万円を大きく下回るので、結果として9万円以上の元金返済が残り、そこに金利が加わり、さらに返済総額は増える計算です。

どのキャッシングの返済でも、少しでも元金を減らさない方法を取るのは、その方が返済利息が増えて業者の利益になるからです。

途中返済、臨時返済

返済日以外に余裕資金ができたところで臨時返済したらどうでしょう?
10万円を借りて、例えば3回程度返済したところで、さらに3万円の余裕ができたので臨時返済です。
このときには、臨時返済した3万円には金利分は含まれません。元金をゴッソリ3万円分減らせることになるのです。

次の返済日には臨時返済した分、元金が減っています。
元金が減った分、利息分も減るわけですから、当初よりも早く、しかも少ない返済額で完済できることになります。
余裕ができたらなるべく早く返済する---臨時返済はとても有効な手段です。

繰り上げ返済

途中で一部を返済する臨時返済、途中返済に対して、繰り上げ返済は残り全部を払ってしまうことです。
もう全部払っちゃうから、今日の時点で金利も計算しちゃって。
当然金利も大幅に少なくなって精算できます。

金融業者み完済でさぞかし喜んでいる?と思いきや、リボ払いの方が手数料が多いので、業者としてはあまり喜べる話ではありません。
臨時返済や繰り上げ返済で早くに完済されてしまうと、入ってくるはずの金利収入が入らなくなるからです。

金融業者としては複雑な心境ですが、契約者ではそんなに金利とっているんだから、と言いたくなります。
とにかく余裕があるのなら、どんどん返していきましょう!